Best Passports

Although the country has lost its ranking to competitors in many fields lately, Japan can be proud to proclaim that their citizens are No 1 in the world for being able to travel the world with the least amount of hassle. According to the latest Henley & Partner’s Passport Index Report, Japan is ranked #1 in the world, for allowing its citizens to travel to other countries without a prior visa.

Japanese passports holders can travel to 191 destinations across the world without applying for a visa ahead of travel. This ranking places them ahead of countries such as Singapore (190 destinations), South Korea (189), New Zealand and Switzerland, (185). The United States passport, a goal of many immigrants around the world, only allows access to 185 visa-free destinations. And though China is rapidly increasing its global impact on the world, its citizens can only enjoy access to 75 destinations without first applying for a visa.

Unfortunately, due to the COVID-19 pandemic, many Japanese citizens and other global travelers cannot enjoy their visa-free status, however, once travel restrictions are lifted, Japanese and fellow Asian travelers will benefit from the strength of their passports. In addition, the growing number of employees who work from home (WFH) will likely lead to the continued growth of the digital nomad. Today’s younger workers live and breathe on their mobile devices, and for many, they also do their work on laptops, notebooks, and phones. If one can work from their home in Saitama or Nagano, what’s to stop them from working in Malaysia, New Zealand, or Sweden?

Of course, living the life of a digital nomad is not suitable for everyone, but there may be a time where a proportion of a population decides to work abroad once or several times during their working career. Just as working holidays and taking a gap year have gained awareness, so shall the life of a digital nomad. And thanks to the ease of travel of the Japanese passport, a life abroad should be something to consider.

画像1

最強のパスポート

近年、様々なジャンルで国同士のランキングが発表されていますが、海外旅行をした人たちの間で日本の国民性が1番よかったと言われていることに日本人は誇りをもっていいでしょう。最新のヘンリー&パートナーズのパスポートインデックスによると、ビザなしで最も多くの国へ渡航できるパスポート第1位は日本です。

日本のパスポート保有者は旅行前にビザの申請なしに渡航できる国が191カ国あります。このランキングではシンガポール(190カ国)、大韓民国(189カ国)、ニュージーランド及びスイス共に185カ国)が日本に続きます。世界中の移民の最終目標であるアメリカのパスポートはビザなしでの渡航は185カ国しか認められていません。近年急速に世界での存在感を見せつけている中国はたった75カ国だけです。

残念なことに新型コロナウイルス感染症の世界的流行は日本人を含む世界中の海外旅行者がビザなしでの旅行を楽しめなくなりました。しかし、一旦この規制がなくなると日本を始めアジア圏からの海外旅行者はパスポートの強さの恩恵を受けることができます。さらに在宅勤務で働く人の数の増加に伴いデジタルノマドも増加していくでしょう。最近の若い世代の人たちはモバイルデバイスが得意で、ノートパソコン、ノート、スマートフォンがあれば仕事をこなせます。埼玉や名古屋の家から仕事ができるとすれば、マレーシアやニュージーランド、スウェーデンから働くのは何がダメなのだろう、と思いませんか?

もちろんデジタルノマドが全ての人に適しているとは言えません。ですが、近い将来海外で働いた経験がある、もしくはこれから働くという人の数はおそらく増えるでしょう。ワーキングホリデーギャップイヤーが意識されるようになったのと同様、デジタルノマドとしての生活も関心が高まるでしょう。日本のパスポートの旅行しやすさに感謝して海外生活を考え始めたらどうでしょうか。

English日本語한국어简体中文繁體中文Tiếng Việt
Scroll to Top