2023年1月のアップデート

概要

1月は多くのクラスにとって復習の月でした。 週1回しかレッスンに参加しない生徒さんにとっては、復習はとても重要です。 前回の教科書の復習、簡単な文章の読解、そして発音に焦点を当てました。 また、英検の試験問題も復習しました。

グループレッスン

概要でも述べたように、グループレッスンでは英検の過去問を多く取り入れました。 これらは、自分の考えを論理的かつ明確に構成する方法を学ぶのに役立ちます。 例えば、「一番好きな季節は?」という質問には、まず直接解答し、それに1つか2つの理由を付け加えるようお伝えしました。 例えば、ある学生は「冬が好きです。何故なら、家族と長野でスキーを楽しむ事ができるからです。また、両親や祖父母からクリスマスプレゼントをもらえるからです」と答えてくれました。

中級クラスでは、よく出る単語リスト100を勉強しています。 he, him, the, that, what, who, you, are などの単語は、英語を学習している方が教科書や読書の中で出会う英語の文章の中に頻繁に出てきます。 生徒がよく遭遇する単語を教えることで、強い読解力を身につけています。

プライベートレッスン - キッズ

1月上旬、マレーシアのインターナショナルスクールから冬休みで帰国された日本人の生徒さんのレッスンを終えました。 この生徒さんは読解が苦手とのことでしたので、Scholastic Reading Tests Grade 4のワークブックを使って、文章のリーディングの復習に重点を置きました。 このワークブックは、書かれた文章の主なトピックや詳細を理解するのに非常に有効です。 また、同義語や反意語をあわせるグ問題で新しい語彙をカバーすることもできます。

また、別のプライベートレッスンの生徒さんには、Quizletのフラッシュカードアプリを使って、中級レベルの語彙の復習をしました。 Quizletは初級者にも中級者にも便利なツールだと思います。 また、中学生にも使っていますが、生徒のアクセス頻度も把握できます。

残念ながら、高校生の生徒さんから英検準1級に合格しなかったとの連絡があり、少し残念な結果になりました。 彼女と一緒にテストを見直したところ、彼女の弱点は語彙力であることがわかりました。 準1級は、「oursource」「syntheric」「fabricate」「sanction」など、新聞や専門書に出てくる単語が多く、大人でも難しい単語ばかりです。 この生徒さんには、よりハードなリーディング教材と、便利な単語帳をお勧めしました。

プライベートレッスン - (大人むけ)

大人のビジネス英語クラスは、生徒さん一人一人のニーズに合わせてカスタマイズされます。 ある生徒さんは、東欧の国に赴任し、北アフリカの国のマーケットで自動車の売上拡大を仕事とすることがわかりました。 とても面白そうな業務内容ではありますが、その一方で、彼は後任を育成する必要があるため、 その後任がチームを率い、伝統的な官僚制の組織内をうまく立ち回る事をサポートするために、より実務的な英語のサポートを行いました。

また、別の学生さんはMBA留学準備のため、ロレアルとそのサプライチェーンのデジタル化に関するケーススタディを勉強しました。 このケーススタディは、企業が社内のプロセスを改善しようとする際の成功と失敗を示す優れた例でした。 今後、このような教材や、Financial Accounting and Reporting, Financial Markets, Managerial Economics, Business Analyticsなど、MBA1年目でよく見られるコースの教材を継続して実施する予定です。

また、上記の生徒さんの配偶者の方にも指導しています。 この方には、日常英語、挨拶、、発音を中心に教えています。 また、日本のお正月の伝統や金継ぎなど、日本文化についても説明できるようにお伝えしています。

まとめ

1月は寒かったですが、多くの生徒さんにとって良い1ヵ月でした。 グループレッスンとプライベートレッスンの生徒さんの両方に、素晴らしい進歩が見られました!

2023年3月31日まで、月謝10%OFFのスプリングキャンペーンを実施しておりますので、当校にご興味のある方は、ぜひ無料体験レッスンにお問い合わせください。

当校に関するお問い合わせは、通常通り、[email protected] まで直接ご連絡ください。

上部へスクロール